福島のセックスフレンド体験談

福島のセックスフレンド体験談

いわき市在住39歳男性期間工のセックスフレンド体験談

ずっと日本の各地で期間工に就いていました。放浪癖があって一か所に定住ってなかなかできない性質なので、期間工は性に合ってましたね。
福島県へは数年前から来ています。ちょうど東日本大震災後に期間工の需要が増えまして、契約の延長に次ぐ延長で未だに在住しています。気づけば、これまでで一番長く在住していますね。一度震災でゼロになったところからの再建ですから、徐々に周辺が変化していくのです。その変化が飽きさせないのですよ。
その内に、このまま福島県に永住でもいいかななんて思い始めました。ふらふらしている人間を自覚していますから、性欲については現地の風俗で処理していたのですが、長くいるのだったら特定のセックスフレンドが欲しくなってきたのです。いつ、ふと気が変わって、今いるいわき市を後にするかわかりませんから、後腐れがありそうな彼女を作るよりは割り切ったセフレですね。そんなわけで、Jメールでセックスフレンド募集したのです。セックスフレンドを得ようとするなら彼女の作り方とは違うアプローチをする必要があって、気が合う人のように情が移りそうなお誘いは避けています。あくまでも、暇つぶしに付き合ってくれる人的な誘いに固定していますね。自分の好みとは正反対な人に声をかけるようにしました。
そして、ある人と交渉が成立して、いわき市の松ヶ丘公園で会うことになりました。僕のタイプの女性はやっぱり明るくて積極的な体育会系の女子なので、真逆のベクトルのちょっと病んでそうな、晩生そうな子を選んだのですよね。
ところがね、僕のタイプにズバリの子が来ちゃったんですよ。あまりにお堅そうだったメールのイメージと異なるので聞いてみたら、初めてだったので必要以上に堅苦しくなってしまったかも?とのこと。
ラッキーなんだかアンラッキーなんだかよく分からなくなって、もともとタイプの女の子だったのでとても楽しい一日を過ごしました。彼女も僕がタイプだったらしくて、何もかもスムーズでまた会う約束もしてしまいました。
でもね、彼女の作り方としては大成功なのですが、セックスフレンドの作り方としてはどうなんでしょう。今日もこれから会う約束があるのですが、彼女にハマってしまっていわき市から抜け出せなくなるような危惧は覚えますね。

 

年齢:39歳
性別:男性
職業:期間工

トップへ戻る