長崎のセックスフレンド体験談

長崎のセックスフレンド体験談

佐世保市在住53歳女性愛人ブローカーのセックスフレンド体験談

30代の頃、クラブのホステスをやっていまして、長崎県の有名企業の社長に見初められたのが、私の愛人生活の始まりでした。
マンションに囲われて毎月お手当をもらって、週末は社長の性のお相手をする日々が長く続いています。
決して日陰の存在ではなくて、パーティーなどの席にも呼んでもらえるので、周囲からも私の存在は認知されています。社長も本妻といるよりも私と過ごす時間が長いはずです。
こうして、企業家の方々との交友を増やした私は、社長の愛人業の傍ら、愛人ブローカーを始めました。水商売をしていた頃の人脈を生かして、愛人が欲しい富裕層の方々に愛人やセックスフレンドを紹介する仕事です。仕事と言うよりも趣味みたいなものですね。心の癒しが欲しい男性と、お金持ちの愛人になりたい女性を、パズルを合わせるようにマッチングして楽しんでいるのですよ。やたらと見合いを進める田舎のお節介おばさんみたいですね。
ただ、私も次第に持ち駒が尽きてきました。愛人やセックスフレンド募集している社長さんはいっぱいいるに関わらず、希望する女性の数が圧倒的に足りないのです。
そこで、Jメールなどからそんな女性をスカウトするようになりました。純粋な出会いサイトに無粋な真似だとは思いますが、ただ、私自身が愛人としていい暮らしをしている現実があって、業者の斡旋よりは信用してもらえているように思います。趣味なので仲介料も要求しませんし。
希望する二人のデートをセッティングしまして佐世保市のハウステンボス近辺のホテルを予約しましてね、あとは本人たちが交渉してくださいという流れです。いい具合のマッチング率ですよ。
業者斡旋というと、悪いイメージを持たれるかもしれませんが、私のように確かな人脈を持っている現役愛人ブローカーに胸を預けてみるのも、良いセックスフレンドの作り方ではないかと自負しています。セフレや愛人が欲しいからと言って、むやみやたらに口説きまわるような作り方では、お金も時間も無駄ですよ。

 

年齢:53歳
性別:女性
職業:愛人ブローカー

トップへ戻る