静岡のセックスフレンド体験談

静岡のセックスフレンド体験談

静岡市在住48歳男性雑誌編集者のセックスフレンド体験談

静岡県で、静岡市のお茶生産農家さん向け専門誌の編集をしています。
他にもいろいろ編集はやっていますが、一番安定しているのが専門誌なのです。読者が固定化しているので予算も取れやすいのですよ。
編集担当は私とカメラマンの青年の二人だけ。競争相手がいないジャンルなので内容に人手やお金をかける必要もないのです。まあ、有力者のご長男の運動会の取材とか、農機具メーカーさんからリベート貰ってヨイショ記事書くとか、内容も偏っていますが。
取材していてどこの農家さんからも感じるのは、後継者問題です。年々高齢化している世界ですし、子供もみんな東京や名古屋に行ってしまって親の後継ぎがいないのですね。それでも子供がいればまだいい方で、嫁の来手がなくて独身の男性も結構います。
長年、農家さんの取材をしていますから、そんな彼らとも仲良くなりましていろいろと相談に乗ったりしています。まあ、私としても農業の繁栄は雑誌が売れる売れないの重要な要素ですからね、私にできることがあれば仕事抜きで協力しています。とは言っても、彼らが一番興味あるのはセックスフレンドの作り方なのです。農作業でたくましい男性が揃っていて、そちらの方も元気いっぱいですからね。
彼らはインターネットを通じてセックスフレンド募集しているのですが、悪質な出会い系サイトに騙されて時間とお金を浪費しています。わざわざ一張羅を着て車に乗って市内まで出かけて青葉公園で待ちぼうけ・・・なんてしょっちゅうだそうです。会えたとしても、デリヘル嬢で適当に手コキされて金銭要求されると言っていました。
私は、彼らがセフレを得るにはそんな都会の男がやるような作り方はだめなんじゃないかと思っています。彼らには彼らの良さがあるわけですから、田舎の男をアピールすればいい。ふるさと回帰の女の子だって絶対いるはずですからね。
かく言う私は、取材先の農家のお嬢さんをセックスフレンドにしています。都会の清ました女性より、日に焼けた田舎の女性の方が好きなんですよ。

 

年齢:48歳
性別:男性
職業:雑誌編集者

静岡のセックスフレンド体験談記事一覧

静岡県でも浜松市は一番女の子との出会いがある場所ですので自分は地元で良かったと本当に思います。完璧に気持ちの良い思いをこれまではたくさんさせてもらいましたので自分なりにセックスフレンドの作り方は分かっていました。実際に毎月何人も新規でセックスフレンドができていましたからね。でも人間はやはりワガママなもので、いくら満足してもまだまだしたりないんですよ。今回は婚活パーティーでそういったこれまでの経緯と...

トップへ戻る