香川のセックスフレンド体験談

香川のセックスフレンド体験談

高松市在住56歳製麺所勤務女性のセックスフレンド体験談

製麺所でパートとして出荷用の讃岐うどんを作っています。香川県はうどん県と言われるだけあってひたすらうどんですね。私がここに長く勤められているのも、うどんを食べて育った粘り腰があるからでしょう。
ただ、残念ながら、結婚生活に粘りはなかったのです。昔は大阪で婚活をやっていて、婚活パーティーで知り合った茨城県出身の男性と結婚したのですが、長くは続きませんでした。うどんで培われた粘り腰と納豆で培われた粘り腰は似て異なるものだったんですよね。私は毎朝旦那が所望する納豆の匂いに耐えられなくなり、旦那はうどんだしの香りに拒否反応を示すようになりました。末期はお互いこみ上げてきてゲーゲー言ってましたね。食文化の差は大きいです。
離婚後、私は故郷である高松市に戻ってうどんを堪能しています。再婚するならやっぱり同郷がいいなと思います。
今は、PCMAXで高松市での出会いを探しています。もう結構な年齢になりましたが、未だに結婚願望はあるのですよ。さすがにもう結婚は無理かなと思っているので、セックスフレンドでもいいのです。むしろ、セックスフレンド募集ですね。私と言う麺を優しく包み込んでくれるだしのような男性が欲しいのです。
若い子のように美貌や体を武器にはできませんから、セフレを作ろうと考えたら作り方に工夫しなければなりません。セックスフレンドの作り方としては常にプロフィールを更新して見初めてくれる男性をじっと待つこと、ここでも粘り腰です。
やがて、ある男性に声をかけてもらったのですよ。相手もバツイチで同年代の男性。私たちはさっそく今話題のupTAKで待ち合わせをしました。
結構いい感じの紳士な男性でした。私たちは食事をしてお酒を飲んで、何度目かのデートの時に体も合わせました。ただ、私は腰のあるうどんのような強いセックスを望んでいたのですが、彼は淡泊な感じの女性の抱き方でしたね。
それもあって、彼とは長く続きませんでした。「子供の頃からうどんばかり食べさせられていて飽きちゃったんだよね」と言う言葉が破局の原因でした。香川県人にもかかわらずうどんよりサッパリした和そばの方がいいんですって。そらアカンですわ!

 

年齢:56歳
性別:女性
職業:製麺所勤務

香川のセックスフレンド体験談記事一覧

香川県丸亀市に住んでいる自分はいい出会いがないかとずっと探していました。この出会いというのは付き合うのではなく単純にセックスフレンド募集という意味です。ただ、あまりそのセックスフレンドの作り方っていうのはイメージが湧かずにいたので、とりあえずは女子力を磨きながらなんとなくセックスフレンドに関しては作り方を調べて行けばいいだろうと思っていたんです。そうやっている中での料理教室参加でしたが、そこに自分...

トップへ戻る